HOME > 先輩カップルのウェディングストーリー > 琉球結婚式 > 沖縄らしい歴史的な場所で挙式がしたい!

フォト一覧 | « »

沖縄らしい歴史的な場所で挙式がしたい!

data15-02

佐久本様夫妻(2007年11月24日挙式)識名園、ホテル
琉球結婚式

アン ドゥ フィー ウェディングを選ばれた理由は?

 離島と仕事の関係で、実際にウエディング・プランナー各社を見てまわることがなかなか出来ませんでした。そこで、インターネットの情報を基にして予約をしていました。(このときはアンドゥフィーさんではなく別のウエディング・プランナーでした。)
 その後、なんとか時間を作り実際に何社か見に行った結果、スタッフの応対・お店の雰囲気・衣装揃えなどが一番良かったアンドゥフィーさんに急きょ変更することになりました。

打ち合わせ・衣裳合わせについての感想は?

 離島の都合上、打ち合わせは電話やメールが多かったのですが、しっかりと対応して頂いたので無事に式を挙げることができました。当然、実際に来店しての打ち合わせ回数は、少なかったため、一回の打ち合わせがとても長くなってしまい朝から夕方近くまでということもありました(笑)。そんな長時間の打ち合わせにもかかわらず、アンドゥフィー スタッフの皆さんは休憩時間を削ってまで丁寧に応対して頂き、時間的に余裕のない私たちにはとても助かりました。この2点は、本土や離島の方で沖縄本島の挙式を考えられている方には特に心強い部分になると思います。
 衣装合わせでは、少しでも気になった衣装を全部着させて頂き、また、髪型もそれに合わせて実際に整えてもらえ、また、アクセサリーも着けさせて頂き、とてもイメージを作り易かったです。そのおかげで写真撮影や式当日もイメージにかなり近く満足できました。

挙式スタイルを琉球結婚式にした理由

 洋装にするか琉装にするか迷っていました。もし琉装でするのならホテルの式場では絶対に嫌で、沖縄らしい歴史的な場所でしたいと考えていました。そのようなときに識名園で挙式が出来ると知り、琉球結婚式に決まりました。
教会でウエディングドレスも素敵ですが、識名園での琉球結婚式は沖縄の自然につつまれた感じでとても良かったです。沖縄大好きな方には特にオススメです(笑)。

披露宴についての感想

 沖縄の披露宴としては珍しい70名規模だったので、席もゆったりととれました。同じく時間もゆったりと取ったので、来賓者には食事もゆっくりと食べていただけました。
 唯一心残りだったことは式場の飾花!式場が契約している花屋はとても応対が悪く、こちらの要望に対し、努力をする前から「この花は無い。うちに今ある花の中で作る。」というニュアンスの言葉ばかり。はっきり言って花屋の在庫処分としか受け取れませんでした。そんな時もアンドゥフィーさんは式場の方と一緒になって、少しでも私たちのイメージに近づくように披露宴直前まで走り回ってくださいました。そのおかげで、嫌な披露宴にならずに済みました。本当に感謝しています。
 そんなこんなでイメージしていた優しい雰囲気の披露宴をほぼ実現できたので、とても良かったと感じています。

挙式・パーティーを終えての感想は?

疲れた……。でも、やって良かった。

これから結婚式を迎えられる皆様へのメッセージ

 挙式を終えるまでは色々な準備や打ち合わせで大変です。はっきり言って「二度とやらない!」と何度も思いました(笑)。でも、実際に挙式をしてみて「絶対に挙げるべきだ。」と感じています。まだ結婚式を考えている段階の方、すでに準備が始まっている方、大変な思いをしたぶん、挙式当日は感動的です。がんばって下さい。