HOME > 先輩カップルのウェディングストーリー > ホテル・式場 > 大人数でも落ち着いた雰囲気の式が出来ザ・ナハテラスで挙式&披露宴

フォト一覧 | « »

大人数でも落ち着いた雰囲気の式が出来ザ・ナハテラスで挙式&披露宴

data67_photo07

圓谷夫妻(2010年10月31日)挙式・披露宴/ザ・ナハテラス
ホテル・式場

アン ドゥ フィー ウェディングを選ばれた理由は?

 ラジオで放送していた「おしえてアンドゥフィー」という番組を聞いていたのがきっかけ。
もともと結婚式をあまりやりたくないと考えていたのですが、この番組を聞いているうちに色々なパターンの結婚式があることを知り、(結婚式自体にあまり乗り気じゃない新郎もいることを知りました(笑)) ここでなら自分でも納得できるような結婚式ができるのではないか・・・と感じました。

打ち合わせ・衣裳合わせについての感想は?

 新婦の母が美容師ということもあり、衣装合わせもこだわりをもって何度も行いました。 新婦のこだわりだけでなく、周りの参考意見も取り入れながらだったので、何度か変更が出たり、打ち合わせが夜遅くなることもありましたが、それらにもいやな顔ひとつせずスタッフの方々が付き合って下さったのには感謝の気持ちでいっぱいになりました。

会場を選んだ理由は?

 「今日は自分たちが主役なんです!」というような派手な結婚式はあまりイメージになかったので、はじめはレストランウェディングも検討していました。
しかし、検討していく上で次第に列席者も増えていき、それならば大人数でも落ち着いた雰囲気の式が出来るところを、ということでナハテラスにしました。

挙式・パーティー前の感想は?

 当初は落ち着いた式をと考えていたが、沖縄の披露宴ではかぎやで風とカチャーシーが欠かせないものだと知り、沖縄式のやり方でいくことにしました。
その後結婚式の準備をすすめていく上で、妻との話し合いにおいては、自分の意見よりもなるべく彼女の意見を取り入れるように譲歩しました(笑)
彼女がやりたいアイデアを出して、それを私が取りまとめるというような役割分担が出来たので、お互いの不得意なところを補い合えて良かったと思います。

挙式・パーティーを終えての感想は?

 和琉折衷(?)といった感じの式になったが、親戚友人にとっては内地の方、沖縄の方を問わずそれぞれ目新しい部分もあったようで評判は概ね良好でした。
オーソドックスな演出を多く取り入れましたが、裏を返せばいつの時代も人気の演出のみでプログラムを構成したので違和感なく楽しんでもらえたと思います。 自分としても満足しています。

これから結婚式を迎えられる皆様へのメッセージ

 新婦のわがままにはじっと耐えて、まずは一度ほめること。結婚式までは男性は添え物だと思い込むしかないですね。新婦が主役(笑) それと、結婚式は自分たちよりも来てくれた方々を楽しませることを考えたほうがいいと思います。そうすれば派手な演出などなくても十分招待客の印象に残る式ができるはずです。
例えば、キャンドルサービスの時などは、各テーブルの上座側から点火させてもらうように式場の人に頼む等。こうすることで点火のときに両親や大事な友人に一声かけながらテーブルを回れるし、さらに両家の両親に囲まれて点火をする姿が写真に残るので後々の見栄えもいいですね。

最後に・・新郎も新婦もお互いが独りよがりにならなければ、きっと素敵な式になるはずですよ。